Mikosima~身近な事を調べてまとめる~

Mikosimaでは、身近にある不思議な事や気になること、生活の知恵になることを自分なりにまとめて紹介していきます。

簡単! 朝目覚ましを使わずに起きる方法

どーも! 2Netです!
春休みということもあって最近朝早く起きれない2Netです!

ということで、今回は目覚ましを使わずに思い通りに起きる方法をまとめていきたいと思います!
そして今回紹介するのは自己覚醒という一種の暗示です。

 

f:id:net2net:20170325225525j:image

【目次】


自己覚醒とは?

自己覚醒は、自分で起きたい時間を強く念じることでその時間に起きれる、暗示です。
暗示と言ってもオカルトの類では、なく科学的に証明されているものなので、安心です!

自己覚醒のメカニズム

 

寝ている間も、脳は体内時計によって時刻を知ることができています。

ですので、就寝前に起きたい時刻を意識するだけで、その時刻が近づくと体を目覚めさせるホルモンを分泌させることで、目覚めやすくなります。
引用元:朝の寝起きを良くする自己覚醒法の訓練方法 | 不眠症対策のファイナルアンサー

自己覚醒の方法

手順1

寝る前に起きたい時間を強く念じる

 手順2

次の日その時間に起きてたら成功!
違う時間に起きてしまったら失敗。

はい。
これだけです。

自己覚醒を習得するのに、膨大な時間や難しい手順は、いりません。
頭の中で起きたい時間を強く念じるだけです。

精度を上げる方法

これは、念じる強さと自己覚醒を行う回数が
関係します。
つまり強く念じて回数をこなせ
ということです。

自己覚醒を習得するまでの期間

僕が習得するまでかかった時間は、6日目です。 3日目で意識した時間から誤差30分ほどで起きれるようになり
6日目では、誤差5分です。 このように全くの初心者でも直ぐに習得できます。
友達数人に試してもらいましたが、遅くても13日あれば、誤差5分レベルには、なれます。

最後に

自己覚醒は、とても簡単でとても便利です。
ぜひマスターしてみて下さい!